• ホーム
  • 経営
  • 【自費クリニックの法務】薬機法と医療法_コロナに効果ありは誇大広告!?
【自費クリニックの法務】薬機法と医療法_コロナに効果ありは誇大広告!?

【自費クリニックの法務】薬機法と医療法_コロナに効果ありは誇大広告!?

2020.04.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの影響がますます大きくなっている中、予防策や治療法は日本に限らず世界中の誰もが興味を持っており、飛びつきたくなる内容なのではないでしょうか。その心理を利用し、ある特定の成分等が効果的であるというような表現が、様々なところで問題視されています。
今回は医療法(広告ガイドライン)と薬機法にも触れながら、どこに問題があるのかを、菊地総合法律事務所の齋藤健一郎弁護士に伺いました。

医療法(医療広告ガイドライン)と薬機法とは?

クリニック経営をしていく中で、一度は耳にしたことのある可能性が高い2つの法律ですが、それぞれ何を取り締まるための法律なのでしょうか。

■医療法(医療広告ガイドライン)
患者の利益の保護と良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制を確保して、国民の健康の保持に寄与することを目的とし、下記4つに関する基本事項についての具体的ルールを定めた法律です。

・患者の医療に関する適切な選択の支援
・医療の安全確保
・医療施設の開設・管理・監督
・医療施設の整備と医療提供施設相互間の機能分担・連携

■薬機法
正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と言い、
医薬品、医療機器等の品質と有効性および安全性を確保する他、下記を目的に製造・表示・販売・流通・広告などについて細かく定めた法律です。

・保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止
・指定薬物の規制
・医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進

薬機法は、医薬品や医療機器だけでなく、医薬部外品、化粧品などの定義も定め、健康食品の規制にも活用される点に注意が必要となります。

新型コロナウイルスに対する行政の対応

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録
※パスワードは8文字以上20文字以内で入力してください。
使用できる文字は半角英数字と記号 ! $ % & * + - / = _ ` { | } . # @です。

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。