歯科医が「Pure Encapsulations®」に期待すること

歯科医が「Pure Encapsulations®」に期待すること

2021.07.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋医学や栄養療法、美容歯科など様々な分野に関心の高い服部敏先生。歯科領域でも全身管理の重要性を提唱される中、サプリメントを治療に取り入れることに対するお考えや、「Pure Encapsulations®」への期待をお聞かせ頂きました。

治療成功のために必要な栄養素のサポートとしてサプリメントを活用

2014年6月に行われた閣議決定により、医療提供や療養向上の一環として、医療機関でのサプリメントの発売が可能であることが明確化されました。これを受け、サプリメントを待合室販売する医院も増えています。歯科領域でサプリメントを導入するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。
「歯科医がサプリメントをおすすめする理由は、ストレスの多い現代社会で食事だけでは補えない栄養素をサポートしてくれる役割。また、患者様とのコミュニケーションツールとしての役割です。サプリメントをフックに普段の生活習慣についてお伺いし、全身での健康管理へ関心を持っていただければと思います。」
服部先生によると、口腔内環境は腸内環境と密接な関係があるそう。ただ、腸内環境は数日で変化してしまい、体感も難しいとのこと。今後、サプリメントがどう関わってくるかは注目したいところです。

治療に効果的な栄養素が得られるそれがサプリメントの魅力のひとつ

サプリメントとひとことで言っても、種類は様々。口腔内に対してはどのようなサプリメントがお勧めなのでしょうか。服部先生によると、治療内容によって変わってくるそうです。「歯周病治療には、コラーゲンを作る酵素に必須であるビタミンC、コラーゲンの元となるアミノ酸、血液を増やす鉄が。抜歯やインプラント治療を行った後は、骨密度の向上を助けるビタミンDやカルシウム、組織を修復する亜鉛、傷の治りを早めるビタミンCなどが必要ですね。」いずれも食品から摂取できるものではありますが、何かと忙しい現代人には、バランス良く栄養を摂取するのは難しいもの。不足分をサプリメントによってサポートすることは、現代社会において適しているといえるかもしれません。

医療従事者からの提案によって正しい知識を届けることができる

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録
※パスワードは8文字以上20文字以内で入力してください。
使用できる文字は半角英数字と記号 ! $ % & * + - / = _ ` { | } . # @です。

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。