• ホーム
  • 歯科治療
  • 「足育」が叶える全身管理 ~小児期からの発達を歯科で支える~
「足育」が叶える全身管理 ~小児期からの発達を歯科で支える~

「足育」が叶える全身管理 ~小児期からの発達を歯科で支える~

2021.06.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院で「足」を診る。一見すると何の関係も無さそうに聞こえますが、近年密接な関係があることがわかってきました。新生児からの発育・発達の指導者として9年間に2万人を超える親子をみてきた人気講師、上野清香氏にお話をお伺いしました。

幼少期からの「足育」で、全身の健やかな発達をサポート

―—「足育」とはどういった考え方なのですか。
「足育」とは、新生児からの足の発達を促し、足指や足裏を正しく使って歩けるようにするためのアプローチです。足の発達がうまくいかないと、きちんと歩けないだけでなく、将来的に股関節が歪んで姿勢が悪くなったり、痛みが出たりしてしまいます。幼少期の発達の影響は大人になっても消えませんから、小児期からの足育は非常に大切です。

もちろん足だけでなく、手や姿勢といった全身の発達も併せて診ていく必要があります。特に新生児は、足よりも、頭と上半身のほうがはるかに重いです。上半身をしっかり整えなければ細いあんよで立ち上がることはできないので、頭と上半身をきちんと育てることが足育にもつながってきます。

―—なぜ歯科が率先して「足育」を行うのでしょうか。
歯科領域に関わる方ならご存じのことですが、「噛む」という行為は全身の筋肉の司令塔になります。歯列が整っていない子どもは総じて足指も整っていないという例があるのですが、一見すると口からは離れている足を診ることは、口腔機能を整えるうえでもとても重要なのです。

生まれてきた子どもは、中心から外へと段階を踏んで成長していきます。ですから歩行リズムを整えたかったら、最初に呼吸リズムがあって、哺乳リズムがあって、嚥下リズムがあって、咀嚼リズムがあって、その次に歩行リズムがあります。きちんと順を追って発達していないのにいきなり歩こうとしたり、手でお箸を持とうとしたりしてもうまくいきません。

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

Pure
自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。