• ホーム
  • 治療
  • 睡眠時の整った呼吸環境が 日常的な目覚めの質を向上させる
睡眠時の整った呼吸環境が 日常的な目覚めの質を向上させる

睡眠時の整った呼吸環境が 日常的な目覚めの質を向上させる

2017.11.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠に関する症状(不眠症、過眠症など)に特化した治療を行っているのが睡眠外来である。
睡眠障害は、他の身体疾患との相関を想定できるため、医療機関によっては、体全体を診る包括的な診断・治療を目指し、他の診療科(呼吸器科、神経内科、耳鼻咽喉科、精神科、歯科など)を具備した専門施設も存在している。
主な疾患としては、いびきが関連している「睡眠時無呼吸症候群」、「レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)」「レム睡眠行動障害」などがあげられる。今回は、この中で「睡眠時無呼吸症候群」を取り上げていく。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

代表的な疾患としてあげられる睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、治療が必要な重症度の潜在患者数で300万人以上と推計されている。男性では40~50歳代が半数を占める一方で女性では閉経後に増加傾向がみられ、男性と同程度までSASになりやすくなる。

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s

自費研メンバーで(無料)登録

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。