• ホーム
  • 医科治療
  • TCAへの苦手意識を変えてくれた イタリア発のピーリング製剤
TCAへの苦手意識を変えてくれた イタリア発のピーリング製剤

TCAへの苦手意識を変えてくれた イタリア発のピーリング製剤

2021.01.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「少し苦手意識があった」というTCAピーリングをクリニックのメニューとして導入されたあきこクリニック 院長の田中亜希子先生。使用製剤の特徴やコンビネーション治療について伺いました。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、薬剤の塗布により皮膚を科学的に剥離させる治療法。剥離時の創傷治癒機転を利用して、しみやくすみ、小じわや質感など肌の美容的な改善を目指すものです。日本皮膚科学会から公表されている「ケミカルピーリングガイドライン」では、国内で主に使用されている薬剤の濃度ごとの剥離深達の目安などが示されており、目的に応じた薬剤の使い分けが必要とされます。当院でもガイドラインを主軸にした治療計画を立てるよう心がけています。

TCAに対する期待と不安

クリニックに新たにイタリア発のピーリング製剤を導入しました。お顔用とボディ用の2種類があり、主成分であるトリクロロ酢酸(TCA)の含有量はそれぞれ35%と50%です。ガイドラインに照らした剥離深達レベルは、1、2、3に当てはまります。

◆ケミカルピーリングの剥離深度による分類

◆剥離深度と使用薬剤例

▲(日本皮膚科学会「ケミカルピーリングガイドライン」より

真皮層に働きかけるTCAには、線維芽細胞を刺激することによるコラーゲン生成などを期待することができます。しかしその反面で、施術時の刺激の強さやダウンタイムなどの課題がありました。また、酸化や変性が起きやすい材質の不安定さも気になり、導入までには少々迷いもあったのです。
しかし「TCAに対するイメージが変わりますよ」という他院の先生方からの評判もあり、まずは自分で試してみたくなりました。「自分自身で受けたいものか」「患者様に自信をもってご提案できるものか」新しく治療メニューを検討する時はこの2点にプライオリティをおいており、そういった意味でこの製剤は合格でした。今は私自身がこの製剤の、治療メニューの大ファンです。

二相構造でTCAの弱点を補う

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム
特別な医師と新しい治療法が見つかる医療情報サイト

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。