• ホーム
  • 治療
  • 骨が足りずにインプラントが埋入できない場合には? 骨再生療法“GBR治療” の活用法
骨が足りずにインプラントが埋入できない場合には? 骨再生療法“GBR治療” の活用法

骨が足りずにインプラントが埋入できない場合には? 骨再生療法“GBR治療” の活用法

2020.09.03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の歯科医学で、最も大きな発展を遂げた治療とも言われる“インプラント治療”。インプラント治療を行う際に、土台となる骨が足りない場合に用いられるのが、再生療法“GBR治療“です。しかしその難易度の高さから、治療を倦厭する歯科医師も少なくないと言います。
そんな“GBR治療”について、AQUA日本橋DENTAL CLINIC院長の綿引淳一先生にご解説いただきました。

そもそもなぜインプラントが選ばれるのか

自費研Onlineはメンバーズ登録無料

この記事は自費研メンバーズ限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

自費研の最新情報をSNSでお知らせ

自費研カタログ関連商品

自費研カタログ関連商品はありません

自費研の最新情報をSNSでお知らせ
自費研アプリで読む

セミナー・イベント

一覧

カタログ

一覧

求人

一覧

自費研VIDEO

一覧

無料資料ダウンロード
コンサルティング
自費研オンライン顧問s
IVC for Cancer Program公式 心とからだにやさしいがん治療・予防プログラム

自費研メンバーズ(無料)登録

メールアドレスで登録

メールが届かない場合について

Facebookで新規登録 Facebookで新規登録

Facebook登録、ログインができない方はこちらをご覧ください

メンバーズ特典
記事の無料購読とクリップ
セミナーが無料又は優待価格
自費診療カタログの一括資料請求

パスワードをお忘れの方

メールアドレス

ご登録したメールアドレスを入力ください。パスワードを再設定するためのURLをお送りいたします。

パスワードをお忘れの方

パスワードを再設定するためのURLをお送りしました。24時間以内にパスワードの再設定を行って下さい。

Clipを上書きしてもよろしいですか?

すでにPickしたことがあるニュースです。
再度Pickするとコメントが上書きされます。

Clipを削除してもよろしいですか?

Clipを削除すると元に戻すことは出来ません。